脱毛の痛みに要注意!専門機関に通う際に気をつけたいこと


すべすべ肌のために専門機関で脱毛しよう

自己処理でむだ毛の処理を行うと、肌が傷つく恐れがあります。またやり方によっては痛みを伴うものもあります。少しでも脱毛時に生じる痛みを少なくし、肌への負担を少なくするためにおすすめなのが、専門機関を利用することです。サロンや医療機関の場合、機械で光を照射、毛根に負荷を与えます。光の強さにもよりますが肌にかかる負荷は少なく、痛みも生じにくいです。また毛根がダメージを受けることで、毛の成長速度も低下します。自己処理の必要性が少なくなるので、肌への負荷も少なくなるのです。

毛の長さに気をつけよう

専門機関で施術を受ける場合、事前にムダ毛を剃るように指示されることが多いです。毛が長いと施術時にやけどする可能性があるからです。光脱毛やレーザー脱毛は、光を当てることでメラニン色素に熱を発生させます。このメラニン色素から発生される熱によって毛根に負荷を与えるのです。毛が長いと、それだけメラニン色素は多く含まれています。毛に含まれるメラニン色素の量が多いと、発生する熱量も多くなります。強い熱が発生することで、火傷につながる恐れがあるのです。専門機関を利用する際は、カミソリや電気シェーバーで毛を剃るようにしましょう。

日焼けすると施術が受けられない?

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素の量が多いと行うことができません。メラニン色素の量が多いと熱が大量に発生し、火傷する危険性があるからです。メラニン色素は紫外線から組織を守るために作られます。日焼けは、肌を紫外線から守るためにメラニン色素が大量に作られた状態を指します。そのため、日焼けしている状態の肌に対しては施術が出来ない場合があります。専門機関で施術を受ける場合は、日焼けにも注意しなければなりません。

新宿の脱毛を行うなら、美容医療専門医院を選びましょう。丁寧に医療治療用の設備で脱毛してもらえるので安心です。