豊胸手術で主流となっている方法の特徴って?


脂肪注入方法のメリット・デメリット

豊胸手術には、本人の希望するサイズや体質によって複数の方法があります。どの方法が自分に向いているのか、それぞれのメリット・デメリットを理解して医師と相談の上、受けてください。
自分の脂肪を注入する脂肪注入法は見た目や触感が自然に仕上がり、自分の細胞なので拒否反応もありません。傷が小さく済むことや、左右で大きさが違う人の調整も可能です。ただし、脂肪が余っていないとできないことや、アフターケアをしっかりしないと脂肪が流れる恐れがあります。更に、大きくできるサイズに限度があるため、大きなサイズを目指す人には向いていない治療方法となっているのが特徴です。脂肪が太ももなど余分な部分にあるか、医師と相談の上治療を受けてください。

シリコンパックやヒアルロン酸注入方法の特徴

最もボリュームを出したい人に向いている豊胸手術は、シリコンパックを入れる手術です。ボリュームを出すことに優れており、不要なときには取り外すことができる利便性の高いものとなっています。他の手術のように吸収されることがないため、バストサイズが安定した結果となるのも特徴です。
ただしデメリットとしては痛みを感じる場合や、バストらしからぬ固さを感じることがあります。
切らない手術としてヒアルロン酸を注入する方法が存在しますが、特徴としては、拒否反応がないことと、傷が小さく、身体への負担が少ないことです。治療によるヒアルロン酸の量を自由に設定できることや、治療後のダウンタイムが他の治療よりも短いといいます。ただし、体内に吸収される可能性があることや、若干固く感じられる場合もあるでしょう。

胸が小さいことにコンプレックスを感じて恋愛に消極的な女性が多くいます。しかし豊胸手術によって自信が持て、恋愛だけでなく仕事にも積極的に取り組めたという女性も多いです。